一度は壊滅と言われた陸前高田市からの便り


by 御神酒

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは。

朝から晴れ上がった高田です。

昨日は各地で追悼の行事やイベントが行われていました。

震災は未曽有の災害でしたが、現代人の暮らしの脆弱さまた本当に必要な物は何かと言うことを露呈させた事でもありました。

五年経過しても仮設住宅は殆ど存在する被災地の多く。

五年経過しても社長は津波の映像を見ることは出来ません。

その心を癒すのは時間であり、将来への希望であり、家族を含めた周りの暖かさだと思います。

遠く離れた東京赤坂での復興支援イベント

b0349725_16145437.jpg

b0349725_16150238.jpg



そして地元の「高田に輝を」
b0349725_16151047.jpg

b0349725_16151451.jpg

有志が集い時間と手間をかけて、3月11日という日に

距離も時間も超えてあの日に
被災地に寄り添う事を行動で示す方々が居ることに私達は励まされます。

今日の赤坂のイベントはもう終盤ですが
「高田に輝を」は今夜行われます。

お近くの方 お時間のある方は被災地に灯る沢山の明かりと共に過ごしてみませんか?

画像は全てお借りしました。
ご協力感謝致します。

b0349725_16151742.jpg

[PR]
by takata20110311 | 2016-03-12 16:12 | Comments(0)

20150311

b0349725_14102910.jpg




こんにちは。

今日は3月11日。

高田の街はいつもとは違う人の流れがあります。

私は赤坂chanceシアターでのイベントに出展する作品を作り終えて少々脱力状態。
今日は賑わっているでしょうか?

b0349725_14105473.jpg

b0349725_14110845.jpg

朝 いつものように仮設住宅から仕事に向かう社長を送り出しながら思いました。

もう五年 まだ五年
早いのか遅いのか
それでも今やること 
明日すべきことがわかっている。

避難後 家も職場も無くした彼が当てもなく過ごした数日を思うと
当たり前に暮らすというありがたみを改めて思うのです。

何もない嵩上げの平原も
崩されていく山々も
静かな仮設住宅も

新たな絶望や葛藤を生むためのものではないはず。
b0349725_14111477.jpg


b0349725_14112302.jpg



希望も夢も幸せもそして学びも
津波から各々の命を守るために走ることと同じように

今生きている個人の中にあるのです。

今夜は旧川原会館「どっこいしょ」付近にて「高田に輝りを」のライトアップイベントが行われます。

亡き人はいつも傍らで
また見上げた空からこちらを見ていると思いますが

今日今夜は彼等が生きて居たあの時間に
多くの人々が灯す灯りと共につかの間戻るのも良いかもしれません。

私にとっては今日の午後2時45分からが本当の新年。

新たな一年をまたここで「Atelier Blue」淡々と重ねて行きたいと思います。


b0349725_14113533.jpg


b0349725_14121063.jpg


b0349725_14122007.jpg

[PR]
by takata20110311 | 2016-03-11 14:06 | Comments(0)
こんばんは。

高田は暖冬が一気に真冬になった3月1日となりました。

今日は母校である高田高校の卒業式。
震災とその後と共に十代を過ごした、世代である卒業生の卒業と未来を祝福したいと思います。

震災から五年。
その日を前にマスコミでも震災や被災地の文字がちらほらと…。

震災後毎年大船渡や高田で被災地支援のツアーやイベントを行ってくれている東京の団体「CRAFTMAN世田谷」さんが被災地支援のイベントととして

今月11日12日に東京赤坂の赤坂chanceシアターにて
ライブ&写真展と三陸物産展を行います。

物産展には鴎の玉子やご当地ドリンクまた冬限定の活性原酒雪っこなどの販売
直送ホタテを焼いてくださるとも。

どれも入場は無料。
被災地でがんばっている人を支援、そして震災から五年経ってもこうして被災地を忘れないための行動を、取ってくださっている方が居ることを心強く思います。

今回ちょっとしたお手伝いと言うことで私の描いた曼荼羅アートやレジン工作を出展販売させていただけることになりました。
後もう一つ高田の名物が関東初上陸( ̄∇ ̄)
次回ご紹介しますよ~。

訪れた方々に高田に住む人の体温を感じながら、手にとって見ていただけたら幸いです。

あの日から五回季節が巡り、忘れられないあの日を思い出させる気温や日の光になりましたが、震災をその後を知っている大人として

続く後世にそして今から大人になる子供たちに、命や心の大切さとともに高田であったことを伝えていくべきでしょう。

お近くの人の来場また周りにお知らせして頂けたらと思います。


b0349725_10494262.jpg


b0349725_10494915.jpg

[PR]
by takata20110311 | 2016-03-02 10:48 | Comments(0)