一度は壊滅と言われた陸前高田市からの便り


by 御神酒

暑いけど~

b0349725_22352464.jpg


b0349725_22354085.jpg


b0349725_22355404.jpg


b0349725_22360939.jpg


b0349725_22363163.jpg



毎日暑いです。

先日元の川原会館跡の仮設公民館で七夕の準備中

遠くから来たボランティアさんとの会話で

「昔は松原があって街があってそこを風が通ってきた。 涼しいということはあってもこんなに暑いと思うことはそうなかった」

松原から吹いてきていた風が南向きの窓から入ってくると、家の中は夏と言っても涼しいものでした。

海は遠くて離れている。
そう思っていなければこの街はなかったでしょう。

今も高台の開発が近い山の中に貝塚がある地域。
昔は海が今の山のすぐそばにあったのだと、いつの間にか消えてしまった記憶。

川原の中を通っていた古い道が
荒町や大町などの古い街が今思えば海から離れているのは当たり前なんだと

気がついたのは震災後。

今年の8月7日の動く七夕は小学校から旧キャピタルホテルに向かう一本道を往復するのだそうです。


今は封鎖された嵩上げの山に挟まれて残された現存する旧市街の道路。

昨年は駅前通り 今年はキャピタル通りと七夕が津波によって壊滅した街の跡を歩く最後の年です。
b0349725_22393136.jpg

b0349725_22405613.jpg
画像はこちらからお借りしました→http://photozou.jp/photo/top/775251



五回目の夏を迎えた会館跡跡から見る風景も多分今年限り。

毎年来て過ぎる夏 
七夕を目指してお盆に帰ってくる亡き人たちの魂を見送ります。

祭りも夏も毎年来るけどそれが出来るのは平穏だから

来年もまた来るものだと当たり前に信じられるのは本当に幸せなことだと
あの津波は教えてくれました。

街が、人が平穏無事だから出来る祭りの尊さを。

そして私自身も平穏だから
周囲の優しさに恵まれているから色々なものを作り出せるのです。

b0349725_22363504.jpg




社長が買ってきた謎の物体~(≧∇≦)b

椅子だ! 花瓶置きだ! と言い合って(楽しんで)います。






[PR]
Commented by acerola1107 at 2015-08-05 18:05
暖炉みたいな形ですね(^w^)〉謎の物体

本当に平穏じゃないと、特に創作は難しいですよね…(しみじみ)

七夕のお祭り、無事に開催出来ますように。
Commented by takata20110311 at 2015-08-05 21:21
中が開くのでそこで何か燃やしてお香でも炊いたらいいかしら?(笑) とか妄想中! 
お互いにそれは実感しますね。
内外で御身大事にしましょう(笑)
昼間でバテて早寝を決めています。当日元気に参加できるように頑張りま~す。
by takata20110311 | 2015-08-04 21:52 | Comments(2)